日本の会社の形態について

日本の会社は様々な企業間の連合などによって会社経営を継続してきているということがいえるでしょう。

カルテルと呼ばれる企業連合においては同一産業内の少数の巨大企業が、生産、販路、価格などでの協定を結ぶことで市場価格の下落を止める役割などを作り出すことで会社への利益確保ということを守っているということがいえます。

またトラストと呼ばれる企業合同は同一業種の企業が市場での競争優位性や利潤の独占的確保の為合併して新企業を組織することで市場を支配するという形をとっています。
もう一つの形としてコンツエルンという形で異種、同種の産業部門にまたがる多数の企業を支配して市場を独占する形をとる会社も多く存在します。


このような企業による市場を支配する形が日本にはあります。
しかしながらこういったことは法に触れる可能性を秘めています。なぜなら資本主義の社会においては競争力を失ってしまうという危険性を秘めているからです。

今の日本においてはエネルギーをという商品においては独占的な状況であったということが言えるでしょう。

今回の東日本大震災において、この状況が打破されつつあります。

ですから複合企業の合併や買収というものでその会社が大きくなることで消費者にとっては良い事と悪いことの両面を持っているということが言え、しかし企業が経営を持続できる要因のひとつとして人としての倫理観というものを重要視していかなければ企業の経営というものは持続しないということが言えるでしょう。

中小企業にとっては、実は人手不足というのはいい兆候です。人が足りないということは、会社が成長している証拠でもあります。

人材難は切実ながらも贅沢な悩みとも言えます。

一般的に会社の売上が下がっているときには、人手不足にもなりません。
むしろ会社内には、やるべき仕事がなくて遊んでいる社員もいます。

もし売上がダウンして人手が足りないのならば、事業そのものの方向性を見直す必要性もあります。

見込みのない事業は撤退して、売上が上がっている事業に人をさいたほうが効率的になります。

会社が人手不測に陥るのは事業が拡大している時期です。


たとえば『今まで各店舗2人で回せたのにお客様が増えて対応しきれない、このままではサービスの質が低下して、せっかくのチャンスを逃してしまう』というようなケースです。


パートナー企業の社長の悩みも、赤字企業の社長が聞いたら羨ましがるものばかりです。だから人手不測になる前の段階で頭を悩ませているわけです。

ただし、『困った、困った』と言っているだけではいずれ売上は下がります。
売上が下がって事業規模が小さくなれば一時的に人手不足は解消されますが、それは社長の本にではないのです。
人材育成を怠る会社には未来はありません。

重要なのは、社長自らが動いて、採用と教育にお金と手間をかけることです。
この意識を持ち続けてこそ会社も業績をアップさせることができますし、ひいては成長することができるのです。


http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000GPC3G
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6076575.html
http://okwave.jp/qa/q3195642.html

格安の会社設立の情報が必要なタイミングで手に入ります。

すごく便利な大阪周辺の会社設立情報が揃っています。

ネット広告代理店を利用してみる価値はありますよ。

今話題のGoogleMapsAPIプレミアムの情報をお知らせいたします。

東京の監視カメラはとても人気があり、興味深いです。